【e-トランク】トランクルーム、レンタル収納スペース、貸し倉庫、コンテナ、バイクボックスの検索なら

【トランクルーム経営は土地活用の中で最も利回りが良く初期費用が少ない投資です!】

トランクルーム 

≪目次≫
【トランクルーム経営は高利回り】
【トランクルーム経営の魅力】
【日本全国の最適なトランクルーム事業者を無料で紹介いたします】
【トランクルームの市場規模】
【5つのトランクルーム運営方式】
 1.事業用借地方式
 2.リースバック方式(一括借上げ方式)
 3.運営委託方式
 4.フランチャイズ方式(FC方式)
 5.自主運営方式
【トランクルーム経営の注意点】
【トランクルーム経営を失敗しない為のポイント】
 1.失敗しない為のポイントその1
 2.失敗しない為のポイントその2
 3.失敗しない為のポイントその3
【トランクルーム経営のメリット・デメリット】
【まとめ】

 

 

 

【トランクルーム経営は高利回り】

土地活用_高利回り

トランクルームにはビルの中にある屋内型のトランクルームと外にコンテナを設置してある屋内型のコンテナタイプがあり、利回りは屋内型トランクルームと屋外型トランクルームでは変わってきます。

 

屋内型トランクルームの場合の想定利回りは30%屋外型コンテナの場合の想定利回りは25%程となっており、アパートマンション経営や駐車場経営に比べ5倍~6倍の利回りを得ることが想定されます。

 

土地活用_トランクルーム経営を始めやすい理由

トランクルームは、最近都市部で看板などを見る機会が増えてきましたが世間の認知度はまだ低い為、市場規模もまだこれから膨らむことから不動産投資としてこれから見込めるもの魅力の1つ。

更に、初期投資額も狭い土地なら400万円前後とマンションアパート経営とは比べられないほどの安さで始めることが出来ます。

 

また、トランクルームは物置代わりとして利用している場合が多いので、1度借りたらなかなか解約されることがないので長期間安定した収入が見込めます。

入居者の入れ替わりの激しマンションやアパートとは違い満室になれば集客をする必要もなく、管理も月2回程度の掃除くらいなので手間がほとんどかからないのもトランクルーム経営の魅力です。

 

利益率が良く長期安定した収入を得られ手間もかからない為、不動産投資としてトランクルーム投資が人気となってきました。

トランクルーム投資を始めるなら、市場規模が拡大始め競合も他の不動産投資と比べ少ない今の時期に始めるのがチャンスです。

 

 

 

【トランクルーム経営の魅力】

土地活用

 

●屋内型トランクルーム30%、屋外型コンテナ25%の高利回り

●さらなる市場規模拡大が見込める

●初期投資も数百万円で始められる低投資額

●長期間安定した収入が得られる

●管理に手間がかからない

●一人でも経営可能

●低いランニングコスト

●駅近などの立地条件等不要で狭い土地や変形した土地でも始められる

 

 

 

【日本全国の最適なトランクルーム事業者を無料で紹介いたします】

土地活用_日本全国

eトランクは日本最大級のトランクルームポータルサイトを運営している為、全国のトランクルーム事業者をご紹介することが出来ます

 

トランクルーム事業者といっても運営方式は「リースバック方式」「業務委託方式」「事業用定期借地方式」「FC方式」の4つがあり、それぞれ得意不得意分野があります。

やみくもにトランクルーム事業者に問合せをするのはとても時間が掛かり、昨日の事業者が見つからないこともしばしば。

eトランクでは希望の運営方式を得意とするトランクルーム事業者を無料でご紹介させていただきますのでお任せください。

 

 

 

【トランクルームの市場規模】

トランクルームの市場規模

トランクルームの店舗数が10,000店舗を突破し、この数字はファミリーレストランの店舗数を超えました。

市場規模も2008年に約250億円でしたが2016年には約510億円、2020年では650億円にも成長し2008年に比べ2.6倍となっています。

 

2020年にはコロナの影響から政府が企業へテレワークを推奨し、自宅で仕事をする人も増えました。

仕事部屋を作るのに部屋の整理によるトランクルームを利用する人が増加しトランクルーム業界には追い風になっています。

右肩上がりのトランクルーム業界、2025年には1,000億円を超えると予測されているので土地活用にトランクルームを始めるには今が絶好の機会だといえるでしょう。

 

 

 

【5つのトランクルーム運営方式】

1.事業用借地方式
2.リースバック方式(一括借上げ方式)
3.運営委託方式
4.フランチャイズ方式(FC方式)
5.自主運営方式

 

運営方式の表

 

 

 

1.事業用借地方式

土地をトランクルーム事業者へ一括で貸す運営方式です。

自社店舗を増やしたいトランクルーム事業者様に必要とされていますが数は少ないでしょう。

 

初期費用

土地を貸し出すだけなので初期費用は全く必要ありません

収入

毎月の土地の賃料がトランクルーム事業者から入ってきます。

収入額は一定額。

リスクが低い分、一番収入は低くなります。

 

 

 

2.リースバック方式(一括借上げ方式)

土地オーナーがトランクルームやコンテナの建物と設備を建築し、トランクルーム事業者へ一括で貸し出す運営方式です。

トランクルーム事業者の管理や運営、集客や経営など全てを代行してくれるので土地オーナーは初期投資以外何もする必要はありません。

 

初期費用

トランクルームやコンテナの建設費用と設備費用が発生します。

収入

トランクルーム・コンテナの稼働率に係わらず毎月一定額がトランクルーム事業者から入ってきます。

事業用借地方式よりも収入は多くなります。

 

 

 

3.運営委託方式

リースバック方式(一括借上げ方式)同様、土地オーナーがトランクルームやコンテナの建物と設備を建築します。

トランクルーム事業者には集客や管理など委託しますが、運営は土地オーナーが行います。

よって、集客にどんな広告を出すかなど土地オーナーが決めることが出来ます。

 

初期費用

リースバック方式(一括借上げ方式)同様トランクルームやコンテナの建設費用と設備費用が発生します。

収入

トランクルーム・コンテナの借主からの賃料が全て収入となります。

稼働率が良くなると事業用借地方式やリースバック方式(一括借上げ方式)よりも高い収入を得ることが出来ます。

 

 

 

4.フランチャイズ方式(FC方式)

リースバック方式(一括借上げ方式)や運営委託方式同様、土地オーナーがトランクルームやコンテナの建物と設備を建築します。

大手トランクルーム事業者に加盟し、大手トランクルーム事業者のブランド名で運営することが出来ます。

 

初期費用

リースバック方式(一括借上げ方式)や運営委託方式同様トランクルームやコンテナの建設費用と設備費用が発生します。

収入

リースバック方式(一括借上げ方式)同様、トランクルーム・コンテナの借主からの賃料が全て収入となります。

大手トランクルーム事業者のブランド名で運営できるので、集客も比較的早く出来ます。

ただし、トランクルーム事業者へロイヤリティの支払いが発生します。

 

 

 

5.自主運営方式

土地オーナー自身でトランクルームやコンテナの建物と設備を建築し運営も土地オーナー自身で行います。

 

初期費用

リースバック方式(一括借上げ方式)や運営委託方式、フランチャイズ方式(FC方式)同様トランクルームやコンテナの建設費用と設備費用が発生します。

収入

リースバック方式(一括借上げ方式)、フランチャイズ方式(FC方式)同様、トランクルーム・コンテナの借主からの賃料が全て収入となります。

集客や管理・清掃・クレーム対応など全て自分で行う必要があります。

経営に自信のある方にお勧めです。

eトランクでは自主運営方式の方へ運営のサポート業務を行っております。

 

 

 

【トランクルーム経営の注意点】

トランクルーム経営の注意点

トランクルーム運営は利回りが良く初期費用が少ない投資ですが、集客が出来るまでは1年半~2年ほどかかります。

土地活用をどの運営方式で運営していくか、自身の資産と経営手腕を検討して決めてください。

土地オーナーは固定資産税の支払いなども発生してくるので、損益分岐点をしっかりと立てましょう。

 

 

 

【トランクルーム経営を失敗しない為のポイント】

トランクルーム
 

1.失敗しない為のポイントその1
2.失敗しない為のポイントその2
3.失敗しない為のポイントその3

 

 

 

1.失敗しない為のポイントその1

ご自分の性格にどの運営方法が合っているのかよく検討し決める必要があります。

上記の【運営方式】で記述しているようにトランクルーム運営には5つの運営方式があります。

収入だけで運営方式を決めるとまず失敗します。

 

全ての収入や運営方法が自分で決めれるからと言って、ズボラな性格の方が自主運営方式を選ぶと借主がつくまでに必要以上に時間がかかる、もしくは借主がいつまでも見つからない可能性は高くなります。

高利回りで人気があるトランクルーム運営とはいえ、借主を見つけるためには集客は必ず必要になります。

何もしなくても集客が出来るとは思わない方が良いでしょう。

トランクルームは市場が拡大している為投資物件として人気があるので、競合他社も増えています。

借主が「なぜ自分のトランクルームを借りたいのか」を考え、競合他社との差別化を図る必要があります。

 

<借主がトランクルームを借りる条件>

①借りたいと思う地域にあるかどうか

②金額の比較

 

その為、自分が運営しているトランクルームに近くの他社のトランクルームの行動も随時気にかける必要があります。

 

また、ターゲット層や借主の傾向なども把握しておくと集客する為の看板つくりやチラシ作り、インターネット広告などに役立ちます。

 

ひと昔前はトランクルームがあるだけで借主がつく時代もありましたが首都圏や都市部を中心にトランクルーム需要が増え出店数も増えました。

その為比較対象となる店舗も増えたので「コンテナを作った」や「安かろう」だけでは集客できない時代となっています。

 

借主のニーズをしっかりと把握し運営していく事も失敗しないポイントの1つです。

 

 

 

2.失敗しない為のポイントその2

トランクルーム運営でもコンテナの場合でよくある悩みが不法投棄です。

通常の燃えるゴミとして出せるのもであればまだ良い方ですが、一斗缶などに入っている大量のペンキ等の塗料や大型の荷物などは悩みの種です。

何故ならペンキ等の塗料はそのまま処分することはできません。

専門業者へ依頼し処分してもらう必要が出てきます。

量が多いと処分費用だけでも10万円以上掛かったという話も聞いたことがあります。

解約後の室内への不法投棄や敷地内の共有部分への不法投棄などされないよう、見回りはこまめに行うことをお勧めします。

見回りをすることにより不法投棄防止だけでなく、不審者や若者のたまり場にならない為の防犯対策にもなります。

 

 

 

3.失敗しない為のポイントその3

借主目線になること。

借主になってくれるお客様の目線で運営を行ってください。

看板やチラシ1枚でもその差は歴然です。

人は押し売りをされると逃げていきます。看板やチラシ、HPの内容などオーナー目線の押し売り内容にならないよう気を付けてください。

その為にはどのようなお客様が借主となっているのか、把握することが大切です。

また、入口から部屋まで荷物を運びやすいルート設計になっているのかも建設時に検討することをお勧めします。

自宅以外に荷物の保管場所を借りるくらいなので、量は多く大きな荷物であることが予測されます。

トランクルーム・コンテナまで車で来やすいか、入り口から部屋までのルートが荷物を運び入れるのにスムーズであるか、借りたいと思われる物件であるか借主目線になることも大切です。

 

 

 

【トランクルーム経営のメリット・デメリット】

トランクルーム

トランクルーム経営のメリット

●屋内型トランクルーム30%、屋外型コンテナ25%の高利回り

●長期安定収入が見込める

●管理に手間がかからない

●住居でもなく、人の出入りが少ないのでリフォームや修繕費用がほとんどかからない

●一人でも経営可能

●駅近などの立地条件等不要で狭い土地や変形した土地でも始められる

 

トランクルーム経営は何といっても高利回りが魅力の最大のメリットです。

またアパートやマンションと違い1度借りると何年も利用してくれるので長期的に安定した収入を得ら満室になったら集客の必要もなくなります。

また人の出入りが少ないため管理に手間がほとんどかかりません。清掃も1ヶ月に1-2回程度です。

 

また、不整形地や立地が良くない場合でも活用することが出来ます。

アパートやマンションとは異なり住居ではない為、駅近など立地など問題になりません。

 

トランクルーム経営のデメリット

●集客が出来るまで時間がかかる

●用途地域によりコンテナを設置できない土地もある

 

トランクルームやコンテナが満室になりまで平均で1年半~2年ほどかかります。

また、コンテナはどの土地にも設置できるわけではありません。

用途地域で「第1種低層住居専用地域」「第2種低層住居専用地域」「第1種中高層住居専用地域」「市街化調整区域」にはコンテナを設置することが出来ません。

 

 

【まとめ】

トランクルーム

 

実際にトランクルーム経営をする為には信頼できるトランクルーム事業者を見つけることが成功への近道です。

eトランクでは全国規模のトランクルームポータルサイトを運営しているので、最適なトランクルーム事業者をご紹介することが出来ます。

 

問合せ