屋外型トランクルーム・コンテナボックスとは

トランクルームは大きく分けて2種類のタイプがあります。

ビルの中等の建物のフロアをトランクルームとして利用するタイプと空き地に海上コンテナを置きトランクルームとして利用するタイプです。

空き地に海上コンテナを置いてトランクルームとして利用するタイプは「屋外型トランクルーム」「コンテナボックス」と呼ばれています。

(定義についてはコチラ

 

都道府県から屋外型トランクルーム・コンテナボックスを探す

北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 山形県 福島県      
関東 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県    
北陸・甲信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県      
東海 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県        
  •  
近畿 大阪府 兵庫県 京都府 奈良県 和歌山県 滋賀県      
中国・四国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県      

 

屋外型トランクルーム・コンテナボックスの特徴

荷物の保管として海上コンテナを部屋として利用し室内は外気の影響を受けやすいので、屋内型トランクルームよりも部屋は比較的広く賃料が安いのが特徴です。

部屋が広い為大型の荷物や大量の荷物の保管場所として利用する場合が多く、荷物の運搬手段としては殆どが車を利用します。

広い部屋のコンテナ

コンテナ浦和美園様より

その為、通路は広く部屋の前に車が駐車出来、荷物の出し入れが簡単に出来るような設計をしているトランクルーム・コンテナボックス運営事業者が多く見受けられます。

広い通路

オレンジコンテナ八王子諏訪町様より

 

屋外型トランクルーム・コンテナボックスに保管している荷物は?

大型の家具やタイヤ、アウトドア用品等を保管されている方が多いでしょう。

家のリフォームや引越しで新居に入らない家具やスノータイヤ、キャンプ用品、釣り道具等、もう1つの物置として利用されています。